東野圭吾

2007/07/23

魔球

最近サボっていた本読みを、昨日久々にしてみました。

、、、ら、なんか一気に読み切っちゃいました。

読み始めたら、おもしろくてさぁ~~~。

で、読んでない本がいきなり無くなっちゃいました(^^;

また買わんとなぁ。。。

...

物語は、ある高校野球の甲子園での一戦から始まる。

同時進行で、とある会社での爆弾騒ぎが起こる。

そして・・・高校で、殺人事件が起こる。

二つの事件は、まるで全く接点がないもののよぉに進んでいく。

...

東野圭吾の本。

私はいつも、終盤のたたみかけが大スキで読んでいる。

でもこの魔球は、最初から最後までずっと夢中で読んでしまいました。

そりゃあもぉ、読みかけでウトウトしちゃって、夢に出てきたくらい(^^ゞ

おもしろかったわぁ~~~。

ちなみに。

私の母も父も、只今東野圭吾氏に激ハマり中でございます。

自分がおもしろいと感じるものを、親もおもしろいと感じてくれるって、なんか嬉しぃよね♪

。。。。。

魔球 魔球

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/26

東野圭吾氏、到着!

いやいやいやいや。

熱しやすく冷めやすい私の、久々の快挙ですわ。

未だ、東野圭吾への熱が冷めません。

6/25現在。

私が読み終わった東野圭吾氏の本は、21冊。

そして今朝。新たに3冊届きました。

とりあえず、現在発売されている彼の本を読み終わるまでは続きそぉですな。

...

今朝。母から聞いた話。

「東野圭吾原作のドラマ、放送してるよ」

、、、知らんかった(^^;

聞いてみると、NHKとの事。

さっそく調べてみた。

うむ。元々は、2001年に連続ドラマとして放送されていたものの再放送のよぉだ。

作品は、私がおもしろいと感じた悪意

主演は間寛平

他の出演者としては、佐々木蔵之介岩崎ひろみ等々。

先程、チラッと見てきた。

・・・・・おもしろいね。

やっぱり私は、寛平さんがスキだわ。

これ、ビデオ化とかDVD化はされてないのだろぉか?

初回からちゃんと見てみたいものだ。

この原作小説。

本当におもしろかった。

最初にこちらが考えてた事が、二転・三転する。

そして、、、

思ってもみなかった‘ほんの一言’から、事件の伏線が張られていたのである。

確かに。

この事件の操作をしている刑事同様、私も完全に騙されていたのである。

、、、東野圭吾、恐るべし!

彼の書くサスペンスとは、一味違う感じの本です。

・・・・・お勧めです!!!

...

最近。

母に東野圭吾氏の本を貸している。

母も、どぉやらなかなかハマった様子。

最初に貸したのはどちらかが彼女を殺した

そして現在貸しているのは私が彼を殺した

次は是非、悪意を貸してあげよぉと思う。

。。。

しっかし。佐々木蔵之介さんが、目ぇむいた顔・・・・・

恐過ぎでしょ!(^^ゞ

悪意 悪意

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/02

ハマり癖。

以前から明言している通り、私はハマったら底なしな人間。

で。

最近では、そこまでハマる人はいなかったわけだ。

一番新しくて、フットボールアワーだったわけで。

フットにしても、2005年後半くらいからだもんね。遅ッ!!!

、、、話がズレた(^^;

で。一番最近ハマった人が、この頃このBlogにもよく話題に上る東野圭吾ですわ。

またしても、尋常ぢゃないハマり方をして、家族に呆れられてます(^^ゞ

その東野圭吾氏の作品を、ザーッと書き出してみました。

、、、すごくいっぱいあるのね(^^;

なんかさ、わけわかんなくなってきてて(-。-;

全部書き出して、買ったものをチェックしてったわけさ。

結局、全部で・・・18冊読んでた。1冊は、読みかけ。

で。あと3冊は、現在発注済で到着待ち。

って事で。計21冊が、私の手元にあるとゆぅ事になるわけだ。

最初に購入したのが・・・手紙で、去年の秋頃。

そこから、約8ヶ月で18冊読んだわけだ。

まぁ、途中サボってた期間もしばらくあったけどね。

なかなかいいペースで読めてるね。

こんな不規則な生活してるわりには、しっかり読めてるよね。

彼の本は、まだまだ山のよぉにあります。

ガンガン買って、どんどん読み進んでいきたいと思います。

。。。

しばらくは、活字欠乏症にならなくてすみそぉですわ。

怖いのは・・・次に襲ってくる‘睡眠不足’やな(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/28

幻夜

私が前回、まとめ買いした5冊の内の一冊です。

約780ページにも及ぶ、長編小説です。

、、、しかし私は、この本を約3日で読破してしまった。

傍らにある漫画にも目をくれず、TVすらもろくに見ていなかった3日間。

寝る間も惜しんで、読み耽っていた。

それほどまでに、この本に惹き込まれてしまった。

...

物語は、1995年に発生した‘阪神淡路大震災’からスタートする。

その朝。

一人の“女”と出逢った事で、主人公である雅也の運命は、狂い始める・・・・・

読み続けていく内、フと‘ある仮定’が頭に浮かび上がってきた。

“女”は、いったい誰なのか?

そこで、この本紹介文の言葉が引っ掛かってくる。。。

「名作『白夜行』の興奮が再び!」

作風が同じであるなら、白夜行とは、微妙に異なる部分が気にかかる。

白夜行では、“男”・・・すなわち“亮司”と、“女”・・・すなわち“雪穂”の心情は、一切触れられていなかった。

二人とも、描写されていたのは‘第三者からの視点’のみだった。

幻夜では、“男”・・・すなわち“雅也”の心情は、各章に渡って描かれている。

、、、が。“女”・・・すなわち“美冬”の心情は、、、やはり‘第三者からの視点’でしか描かれていない。

“女”の心情、正体なども第三者からの視点であり、本人は何も語っていない。

・・・これは何を意味するか?

白夜行では、亮司と雪穂は対等であり、唯一無二の共犯者であった。

しかし。。。

幻夜での雅也と美冬の関係は、決して対等なものではなかった。

美冬は、最大の秘密を雅也に隠したままだった。

すなわち。

美冬にとっての雅也は、‘共犯者’でも‘同士’でもなかった。

まして‘愛する人’ではあり得ない。

そう、、、ただの都合のいい‘道具’だったのだろうと思える。

・・・・・はたして“女”の正体は?

...

あとがきにて、白夜行第三段の存在を示唆している。

発売されるのであれば、是非読んでみたいものである。

。。。

もしもこの本を読まれるのであれば、白夜行を先に読まれる事をお勧めします。

。。。。。

幻夜 幻夜

著者:東野 圭吾
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/15

ハマッたら底なし。

先週あたりから、サボっていた小説読みを再開した。

もちろん。読んでるのは以前も書いた東野圭吾

買って、読みかけたまま放置してあった本を読み出した。

まぁ・・・なんてゆぅのかなぁ、、、、、軽く現実逃避気味?(^^;

ちょっと、没頭できる‘何か’を見つけたくてね。

特に趣味もないし、特出してできるほどの特技もない。

で。とっても他力本願な感じの没頭できるものを選択してみた。

それがさぁ。。。

まぁ~た、読み出したら止まらないわけ!

昨日もバイト終わって帰ってきて、明け方まで読み耽ってしまった(^^ゞ

それでね。

没頭できるものを見つけたのはいいわけよ。

読み出したら本気で止まらなくなるし、完全に小説の世界にのめり込んぢゃえるし。

しかし、、、だ。

読んでない本が、もぉ一冊ある予定だったのね。

だから、ものすごく勢いよく読んでたんだけどさ。。。。。

ないッ!!!

未読の本が、もぉなかったのだよ。。。(ToT)

って事で。

昨日、追加して買っときましたわ。

いつもなら2~3冊ずつ買うんだけどね。

今回は、、、5冊同時購入!

私の部屋に、東野圭吾氏の本が、どんどん増えていく。。。。。

結局今、何冊手元にあるんだ???今度数えてみよ!

。。。

NET購入だから、届くのは今週末か来週頭くらい。

それまで、、、、、どぉしよぉ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/06

どちらかが彼女を殺した

先日も書きましたな。

現在、活字欠乏症気味な私。

で。東野圭吾の本を買い漁っていたわけですがな。

えぇ~~~、現在。。。7冊手元にあります。買い過ぎ?(^^;

読み終えた本は、順に手紙白夜行秘密どちらかが彼女を殺したゲームの名は誘拐の5冊。

未読の本は、放課後分身の2冊。

ネットで、かなりランダムに選んだ本なのですがね。

ビックリするほどハマったのは、どちらかが彼女を殺した

これ、ぢつは自分で買ったんぢゃなくて、姉に貰ったもの。ちなみに白夜行も貰いました。

自分で買ったものの中には入ってなかったんですわ。

姉に「最近東野圭吾にハマってる」って言ったら、くれました。

で。自分の頼んだ本が届くまでの間に、読みました。

おもしろい!!!(^o^)/

これ、マヂ最高です☆

...

舞台は、ある女性が死に至るまでの情景からスタートします。

刑事をしている女性の兄が、妹の死を解明していく。。。とゆぅもの。

登場人物もさほど多くなく、容疑者も2人。

そして、読み手側に用意された結末は、、、3つ。

特に、物珍しぃ推理小説ではない。

謎だらけで不可解なストーリーではない。

なのになぜ、、、こんなにも惹き込まれるのだろぉ。。。。。

読み進んでいくうちに、謎はどんどん解けていく。

しかし、、、である。

最終章を目前にしたあたりで、解けてきていたはずの謎が、突然混乱してくる。

何が真実なのか?

いくつもの結末が頭の中をよぎる。。。

そして、、、、、

最終決断は、読み手側に委ねられる。

果たして、どちらが彼女を殺したのか?

。。。

どちらかが彼女を殺した どちらかが彼女を殺した

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/02

東野圭吾

私は、ある日突然“活字欠乏症”なる病気を発生する。

、、、実際にそんな病気があるかどぉかは別として、ね。

で、何でもイイとゆぅわけでもなく、ある作家さんの本を買い捲るのである。

以前発症したのは、今から約5年程前の話になる。

その時に買い漁った作家さんは『山田詠美』さんだった。

きっかけは、聴いていたラジオで山田詠美さんAmy Says(エイミー・セッズ)が紹介されていたから。

チラッと話した内容に、とっても興味を惹かれたのである。

で。買ってみて、、、、、激ハマり!!!

そこから、彼女の作品を買い漁って読みまくった。

結局。現在私の手元にある山田詠美さんの作品は、20冊ほど。

しかし、だ。

飽き性でもある私は、急激にその熱が冷めてしまう(^^;

で、結果。彼女の本は片付けられたまま、数年間眠ったまま。。。。。

...

そして今である。

昨年。TVで映画の晩宣を見た。

その時に、急激に惹かれた映画があった。

以前、このブログでもチラッと書いたのだが、、、手紙である。

で。そこで映画に行かずに原作買うってあたりが、、、捻くれてるなぁ(^^ゞ

それを読みましてな。

まぁ・・・ハマりましたわ!

その事を姉に話したら、姉が貸してくれましたわ白夜行

これがもぉ、、、、、どっぷりハマりました。

で。『東野圭吾』という作家に興味を持ったわけですよ。

そこから、彼の作品を買い漁ろぉとネット検索したわけですがね。。。

ビックリしましたよ!!!

もちろん白夜行もそぉなのですがね。

私が以前「おもしろそぉだなぁ~」と思って、でも結局観なかった映画っての。結構いっぱいあるわけですよ。

それが、、、、、東野圭吾作品多い!

一番最初に買った著書は秘密広末涼子さんが出てた映画ですね)

これは、昨夜読み終えました。

次に買おぉと思っているのは、ゲームの名は誘拐

これは、マヂで驚きました。

映画タイトルは『g@me.でした。

これ、番宣見て、マヂで観に行こぉと思ってた映画だったんです。

東野圭吾、、、恐るべし。。。。。

。。。

読み出すと止まらなくなる私。。。。。

活字欠乏症の次に襲ってくるのは、、、睡眠不足です(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/11/12

お片付け♪

今日は、朝9時頃から起き出し、普段から言い続けてる部屋の片付けを開始いたしました。

まず手始めに、衣替えから開始。

すごいねぇ、オールシーズンの服がほぼ出てる(^^;

夏服をダンボールにしまい、冬服をタンスに片付ける。

いやぁ。どんだけの服が出しっぱなしになってたんやっちゅう話や。

服片付けるだけでも、一時間以上かかってるし、服片付けるだけで部屋がちょっと片付いたよぉな気がする(^^ゞ

しかし、だ。

ここで昼ご飯のお声がかかる。

そこで、完全に本日のヤル気喪失(ー。ー;

で。ご飯食べ終わった後、CDをレンタルしに行こぉと思い、久しぶりに車でお出掛け☆

これがまた、、、予想外に道が混んでる(^^;

競馬があるため、私がいつも利用しているレンタルショップが、駐車場を貸し出ししている模様。

信号3本分以上待たされるハメに。

し・か・も!

レンタルしたかったCDは、まだレンタルを開始してないし(ToT)

で。諦めて買おうと思ったら、、、品切れ中(T_T)

何にも買わないで出ると、いつもと違って駐車料金払わんといかんのよねぇ。。。

って事で。

買おうかどうしよぉか悩んでた本を買う事に。

でも、それだけでは足りないので、こないだチラッと聴いて「イイ歌だなぁ」と思ったCHEMISTRY遠影 feat.John Legend (初回限定盤)(DVD付)を購入。

帰りは、そのCDを聴きながら、帰ってきました。

そして。

帰ってきてからは、購入した本を読み始めました。

これがまた・・・・・おもしろい♪(*^o^*)

買ってよかったわぁ~~~。

もぉ、3分の1くらいは読んでしまいましたわ。

。。。

手紙 手紙

著者:東野 圭吾
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

手紙 手紙

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

。。。

映画が公開されたって事で、観に行こうかと思ったんですがね。

その事で原作が読みたくなる私って、、、ひねくれ者???(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)